もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

諸事情により削除します。

具体的には申せませんが、諸事情により削除します。

青いツリ目のウルトラマンは何を象徴しているんだろう?

ウルトラマンオーブがなかなか好みにハマったので、ジードについても、つい見てしまっています。
本来の力を失ったため、歴代ウルトラマンの力を(カードから)読み出しその力を借りて変身するウルトラマンでした。前半は本来の力を取り戻すまでの話で、後半はガイ(オーブ)と違い、光を求めながら選ばれず、闇に落ちたジャグラーの物語と言ってもいいもので、オーブもジャグラーも闇を抱えた光と光を求める闇という感じでいいライバル関係でした。

時代劇では私は鬼平犯科帳が好みですが、鬼平のつぶやく人間観がなんというか、人間誰の心のなかにも悪はあるということをよく理解した感じで、「人間というやつ、遊びながらはたらく生きものさ。善事をおこないつつ、知らぬうちに悪事をやってのける。悪事をはたらきつつ、知らず識らず善事をたのしむ。これが人間だわさ」というセリフは人間をよく捉えているなと感心してしまいます。正義と悪、光と闇はまたちょっと違うかもしれませんが、どこか共通する感じがありそうです。

ところで、ウルトラマンという存在はどういう存在なんでしょう?

初代ウルトラマンは、よくよく考えると、何故地球に現れる怪獣や宇宙人を倒してくれるのかが実はよくわかりません。悪い怪獣ベムラーを追跡中にハヤタ隊員の命を失ってしまった代償として一体化して地球に残りますが、それは自分の任務、ベムラーを倒すということを捨てているわけでもなさそうです。であるならば、第1話でベムラーを倒しだ段階で、ウルトラマンは故郷に帰っても良いわけです。後のウルトラシリーズでは、ウルトラサインという通信手段が出てきます。ゾフィーに新たな生命を持ってくるよう通信すればいいわけで、地球だけではなく宇宙全体を守っていると思われるウルトラ警備隊の任務を考えても、そのほうが良さそうに思えます。

どこか、憲法9条さえ守っていれば、アメリカの核の傘で日本は守ってもらえると考えていた頃の日本人を象徴しているんでしょうか? そう考えるならウルトラマンはアメリカの軍隊です。

ウルトラマンは、特撮に時間がかかったため撮影はいつもギリギリで、放送に、間に合いそうになくなったため、急遽最終回が作られることになったらしく、ウルトラマンが去るためには人間の力で怪獣を倒さなければウルトラマンが去ることができないと脚本家が考えたためあの最終回になったそうですが、元々はゾフィーがゼットンを倒すという話だったそうです。脚本家もウルトラマンの構造的な弱点(ウルトラマンは人間を甘やかしている存在)を理解していたのかもしれません。

ウルトラマンのマスクは最初は目が細く、顔にシワが寄っています。これは口を動かせるように作ったためらしいです。でもあまり効果がないため途中からウルトラマンのマスクが変わり、目が少し丸くなって、きつい感じがなくなってきます。人によってはウルトラマンの顔は仏像の笑みがあると言っているみたいです。日本においては仏様に限らず神様はお願いすれば願いを叶えてくれる存在で、だから人間が危機に陥るとその原因の怪獣を駆除しにやってくる存在として描かれているのでしょうか?

ウルトラマンは実は特撮に予算がかかりすぎたためか大赤字だったそうで、次のシリーズが出るまで結構時間がかかっています。その間にベトナム戦争が始まり、絶対的な正義と思われたアメリカ軍が苦戦する状況が出てきたりしました。

そんな頃にウルトラセブンが始まったようで、ギエロン星獣の回のように、この攻撃は本当に正しいのかとか、兵器開発競争を血を吐きながら続ける悲しいマラソンと表現したり、悪い怪獣を倒して爽快感を味わうヒーロー物なのに、苦い回があったりします。

ウルトラセブンも何故地球を守ってくれているのかはよく考えると謎です。ウルトラセブンは、M78星雲から地球観測に来た恒点観測員340号という設定のようです。観測員が怪獣退治って、どう考えても不思議です。そして、地球の観測結果をM78星雲にある光の国に送っている様子もない。アンヌに「ダン、あなたの地球がピンチにたたされているのよ。何か敵を倒す方法はないの?」と聞かれたことが怪獣退治につながっているのかな? そうなら、女の色香に惑わされて地球防衛に励んだということになる。最終回も、もう変身すると命の保証はないと、上司から止められるが、自分しかできないと義務感に駆られたのかわかりませんが、最後の変身を行い、怪獣を倒し、宇宙に去っていきます。
ウルトラセブンのデザインは西洋の騎士の鎧を元にしたそうで、騎士道精神を込めた最終回だったのでしょうか?

ちなみに昭和ウルトラマンは赤い色が目立ちますが、一部で日本の国旗を元に色が選ばれたと言われていますが、ブルーバック合成のし易い色を選んだというのが本当のところのようです。平成に入り、コンピュータで合成するようになったのでコスモス(の一形態)のように青いウルトラマンが誕生したわけです。

帰ってきたウルトラマンは、ウルトラ兄弟という世界観を確立した作品なのでもう何故ウルトラマンが怪獣と戦うのかを問うのは必要ないでしょう。ウルトラマンは怪獣退治のスペシャリストというのは説明なしでも通用するようになったでしょうから。
最終回では、ウルトラ5つの誓いというのを次郎少年に確認し、去っていきます。次の時代を作るのは君たちだという感じでしょうか。

その後のウルトラマンタロウは、実はウルトラマンに変身しないで、怪獣を倒し、ウルトラマンになることを捨てるという最終回です。初代ウルトラマンの最終回のテーマをなぞって発展させた感じです。でも第1回目でウルトラマンやセブンやウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)などが集まって召喚するような感じで太郎が光の国で誕生します。初回と最終回がなんとなくつながっていない感じがするのは自分だけでしょうか?

そんなこんなでウルトラシリーズは見なくなったんですが、ウルトラマンオーブを見てからまたハマっています。
ウルトラマンの未来に光を照らす「ウルトラマンオーブ」にオーブの魅力が沢山語られています。

ジードはまだ放送が半ばなので、なんとも言えないんですが、最近ふとジードのデザインが気にかかってきました。

青いツリ目のウルトラマンって。

日本の歴代ウルトラマンで青い目のウルトラマンは初めてです。ジードの父という設定の、暗黒に落ちたウルトラマンベリアルの目の色も青ではありません。どちらかと言うと赤です。わざわざ青くしたのには何か意図があるんでしょうか? 
青い目と言えば、欧米人。初代ウルトラマンは、アメリカの軍事力を暗示していると言われることがありますが、それをより直接的に暗示しているんでしょうか? 

でもツリ目でもある。ツリ目と言えば東洋人。特に中国人や朝鮮人。結構韓国押しな感じを受ける、電通もスポンサーですから、ツリ目のウルトラマンになったんでしょうか?

開口端補正について

磨仏さん(メールアドレスがnagaoka.tetuoっって・・・)から、開口端補正についてこのようなPDFを紹介されました。詳細はわからないんですが、高校生が実験結果をまとめて考察したものでしょうか。何となくそのような感じを受けます。

現在わたしは、共鳴管は0.61r、バスレフダクトは0.82rが誤差が小さいのではないかと考えています。

開口端補正は0.61rとするのが良さそうに思える。という記事に書きましたが、おそらく長岡氏はヘルムホルツの研究結果から0.82rとしたのではと考えられ、その後の研究で、0.61rとなっていったのだろうと感じます。ただ通常の共鳴管はつば板なしなので、長岡鉄男氏はなぜつば板ありの0.82rを使ったのかは謎ですが・・・・。

ちなみにわたしは、あまり太い共鳴管は作らないのでどちらを使ってもおそらく誤差が1~2cm程度だろうから、今はあまり気にしないことにしてます。

ちなみにネットを検索していたら、こんな資料を見つけました。数式の意味することは、わたしにはさっぱりわかりませんが。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?

昨日は秋田県ではほとんど1日中雨でした。夜中も降り続いていました。そのせいで川が増水してしまい、大曲の花火会場の河川敷もまだ水が引いていないようで、花火を行うかどうかは明日26日早朝6時に決定するそうです。(夕方6時の情報です。)
※8月26日追記 大曲花火大会ホームページより転載
本日の第91回全国花火競技大会は、予定どおり開催いたします。昨日までの雨により足下が大変悪くなっております。長靴など十分な対策をしてお越し下さいますようお願い致します。(平成29年8月26日)
まずは良かった。開催にこぎつけた関係者、かなり苦労したんだろうな。

私の地元には、下内川という、米代川につながる2級河川があります。今日(25日)の朝9時頃、撮影してみました。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?
川の橋の上から、下流側を撮影しました。川の土手はコンクリなんですが、草や木がはびこってしまい、ほとんどわかりません。
10年位前には草や木がもう少し少なくて、砂利ももっと広く見えていたんですが、・・・・・。草や木のせいで、増水しても川幅が狭いままに見えます。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?
下流側の左側のコンクリの土手近くを撮影したんですが、写真ではやっぱり土手がわかりにくいくらい、草や木が茂っています。

大雨で大曲花火延期か? 雨よりも治水が問題か?
橋から上流側を撮影したものです。昔は砂防ダムと読んでいたそうですが、現在は砂防堰堤と呼ぶようです。

・・・・・・・・・・・・

ここからはちょっと暴論。ですから、カテゴリは『妄想または勝手な言い分』にさせてもらいます。

最近は、海岸の砂が海の波に運ばれてしまい、砂浜が減少しているという話を聞きます。原因は砂防堰堤でしょう。砂防堰堤は土砂は(満杯になるまで)流さないけど、水は流すという装置です。当然海に運ばれる砂は減少します。

海岸では、砂浜の流出を防ぐために波消しブロックを入れなければならなくなります。でも、波で運ばれる分と川から運ばれる分が釣り合っていれば、波消しブロックのような無粋なものは本来必要ないということになります。

まあ、波消しブロックは、本来砂浜の保護のために使うものではないので、私は無粋だと思いますが、必要があれば使わざるを得ないのですが。

話を砂防堰堤に戻します。

砂防堰堤は一度水をためます。流れる水は腐りにくいのですが、たまり水はすぐ水質が悪化します。ですから、砂防堰堤のある河川の水質は、なかったときに水質に比べると確実に悪化しているはずです。

砂防堰堤では、一度ためてから水を流していきますから、川の流れは緩やかになります。ですから、川の底が削られることはほとんど無くなります。しかしそのおかげで、雪解けの時期、梅雨の時期、台風の時期などに流速が増えて川底を削ったり、新たな石を運んできたりという事が無くなりました。その結果が、土手の中の草や木の繁茂です。これってかえって川幅を狭くして、大雨のときに川が溢れやすい状態を作っているのではないのだろうか?

併せて、川の中の草薮の中には、ツツガムシがいることが多いそうで、川遊びに向かない川になっているような気がします。

・・・・・・・・

1級河川は国土交通省の管轄なので、けっこう川底の土砂を取り除いたりしてますが、2級河川はどこが管轄しているんでしょう。もしかして市町村かな? 予算が殆ど無いから、砂防堰堤だらけにして、後はほったらかしになっているのかな?

・・・・・・・・

ちなみに、私はなんとなく、砂防堰堤は、川幅の減少をまねいて大雨のときにかえって氾濫する原因になっている気がするのですが、皆さんはどう思いますか?

大館市の大文字焼きが犬文字焼きになりました

8月16日は、大館市では大文字祭りなるものが行われます。

市役所のホームページの説明

今年は大文字焼きが犬文字焼きとなりました。秋田犬観光の予算がついたことで、また、このようなことを行うことにしたんでしょう。

でもなんだかピントがズレている気がするのは私だけでしょうか?

ちなみに、『また』と書いたのには理由があります。実は8年前にも大文字焼きは犬文字焼きとなっているからです。
この時は、リチャード・ギア主演のハチ公の映画が公開された時期で、それに合わせて犬文字焼きにしたんですが、点をパネルで作り、それに投光機で光を当て反射させて点にするという方法だったんですが、夜8時8分(8秒までこだわったかはもう記憶が定かではない)に、8分間だけ犬文字にしたと記憶してます。ただ、光量不足だったためか、花火の煙が流れて邪魔をしたのか、そこのところは又記憶が定かではないんですが、とにかく実際に犬文字となったのを確認した市民はほとんどなく、作業した人からの不満も高く、次の年には通常の大文字焼きに戻ったんですが、今年は又やったんですね。

ちなみに今年はこんな犬文字です。点がハート模様になっています。

・・・・・・・・

それにしても、本場の京都では大文字を犬文字にして大騒ぎになった事件があったそうなのに大館市ではまったく問題にならないのが不思議です。

まあ、京都はゲリラ的に行ったことですが、大館市は市民からの要望があってそれにしたがって行政が動いて行った結果なので問題にならなかったは当たり前かもしれませんが、・・・・・・・・。

なんというか、ここまでやるなら、もっと徹底的にやるべきと考えます。

こんな動画まで作っているんだから、もう怖いものは無いはず。だから、(期間限定でもいいから)、大館市を犬館市にするべきだったと考えます。

もともと大文字焼きは、大館市では宗教的意味はありません。もともとは市長の発案で始まったものですし、宗教行事でない理由として、大文字焼きに合わせてお経を上げたりしているお寺がないことが挙げられます。もしあるなら、市役所のホームページに書かれているはずです。大館市だから大文字焼きという意味しか考えられません。ならば、大文字焼きを犬文字焼きにするなら、その期間中だけでも犬館市に市の名前を変えるべきではないでしょうか。

・・・・・・・・

ちなみにこのカテゴリは、『妄想または勝手な言い分』ですから、その考えはおかしいというコメントは控えてくださいませ。

追記:同様のことを考えている人いたんですね。リンク先のポスターはブログ製作者が勝手に制作したものなので、大館市が犬館市になったことはまだありませんが、どうせだったらここまでやるべきだったと思います。

コメントへの返答遅れてすみません

私のブログにしては珍しく、3人からコメントが付いたのに応答が遅れてすみませんでした。

帰省中の姉が、飼い猫のためにマタタビの実を買うついでに角館観光もしたいと言い出し、そこに出かけたり、帰る前の買い物に付き合ったり、深夜夜行バスを辞めて新幹線に変更したために盛岡まで送ったりと結構忙しく過ごしていたためです。

角館観光の証拠の1枚。
コメントへの返答遅れてすみません
樺細工なんかの伝承館で行われた、神代の踊りの披露。小学生くらいの女の子が可愛いです。

その帰りに、阿仁町の道の駅、またたび館で、乾燥またたびを購入して帰ってきました。

・・・・・・

それでは、コメントへの応答へ。

>Suzukiさん。
私も丸ノコはちょっと怖いと思ってます。
市販の、丸ノコの刃が見える丸ノコ台も使ったことがありますが、刃が上に出ているのは危険性が高そうな気がします。なんというか、私の場合は固定がうまくいかず、丸ノコの振動で微妙にノコ刃のズレが出たりしてました。
ですから、斜め切りしない丸ノコの直線切りジグは、かつて、kenbeさんのブログでも紹介されたこともありましたし、刃が下向きなので、かえって市販の丸ノコ台よりも安全かもしれないと考えています。

角度切りしようとすると、とたんに難しくなるのがなんとも・・・・・・・。本来は、トリマーテーブルを使うか、NCルーターの作業なのかなと感じたりします。

今年は再生研参加できないのですが、盛会となることを期待してます。

>kenbeさん。
現在、工作は遠慮中なので、このカットも妄想段階なわけで、・・・・・・・。

45°カットした板は圧着は私は諦めてました。
妄想スピーカー 鳴門巻きスパイラル
この制作をした時は斜め45°は、無理を言ってカットサービスの担当者に行ってもらいました。貼り付け時は、完全に放置状態で、圧着をかけたのはもう1枚の側板を貼り付けるときでした。

ちなみにカットサービスでは、このような卓上スライド丸ノコを使用して45°カットを行ったようです。でもあまり幅の広い板の45°カットはサイズ的に難しいようですね。


コメントとは関係ないけど、パイオニア製のMOOK付録ユニットの製作記事、期待してます。

>ヨネ(木工大好き)さん

>丸鋸でやるのであれば、下一辺は角度切せず寸法出しに使い。
>左上と右上のニ辺で角度を出して接着し。

ということであれば、2辺の木材は108°でカットでしょうか?
まあ、108°でも何とか自作ジグで角度切りできそうな気はします。18°傾ければいいわけですから。やってみないとわからないけど。

数学的にはできても、現実には微妙に角度が変わることもありそうな話です。そうなれば、現場作業で修正していくほうが楽というのも頭では理解できます。でも私の場合、修正はとにかく出っ張りをランダムサンダーで削るくらいしか方策を持ってないので、さてどうしたらいいものか。やっぱり鉋を手に入れ、その手入れとか技能を覚えないといけないかな。でも私は刃物を砥石で砥げないからどうしよう。

まあこんな低レベルの技能しか無い私ですが、今後ともよろしくお願いします。



なんと、アマゾンアフェリエイトでこんなものまで販売してたとは。


姉によると、乾燥したまたたびの枝よりは、猫に効果があるそうで、もしかすると敏感な猫では効果が出すぎるかもしれません。姉の飼い猫は、他の猫よりもまたたびに耐性があるのか、乾燥したまたたびの枝はあまり反応しないそうですが、乾燥またたびの実では酔っぱらったようになったそうですから。

ただ、これ、猫用でなく、またたび酒用として売っているもののようですね。猫に使用は危ないかな?
プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
784位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始