もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。

『素朴な疑問・・・・箱の定在波』を読んで考えたこと

ちょっと今更感があるんですが、kenbeさんの、ブログ・ハイエンド自作スピーカー【小口径ユニットの料理も挑戦中】の中の記事、『素朴な疑問・・・・箱の定在波』をみて、考えたことを書こうと思います。

※何故か私のパソコンでは、箱の高さ・横幅・奥行きの数値の画像が見えません。
おぼろげな記憶では、白銀比(1:約1.2(ルート2))と、黄金比(1:約1.6)を組み合わせた長さの比(1m:1.2m:1.6m)になっていたような気がしますが。

定在波は、共鳴管の共鳴作用と実は同じで、進行波と反射波の重なり合いで発生します。現実にはありえない仮定ですが、反射するときに損失がなく、空気中を通過する間に減衰がまったくなければ、定在波の周波数で、無限大のピークとなります。スピーカーのシミュレーターで、電子回路に置き換えて行う場合は、発振回路になると何かで見たことがありますが、その点については私はまったく詳しくないので、分かる人教えてほしいものだ。おそらく説明を聞いても私の理解を超えていると思うんだけどね。

kenbeさんは、箱内部の定在波が問題になるのは、バスレフとかバックロードとか、背面の音を共鳴で強めて外に放射する箱で問題になると考えているようです。私は、(無視しても問題のないレベルかもしれないが)密閉箱でも問題となりうるのではないかと思ってます。

定在波の節の部分(振動が起きない部分。平行面だけで箱を作ると、壁面は節になります。)では、ユニットからの進行波と反射波の振動の向きが正反対で、振幅は同じです。(減衰がまったくないというあり得ない仮定ですが、減衰がある場合は、節でもごくわずかには振動します。でも節の位置は変わらないはずです。ですから大雑把な傾向は、この単純化したモデルでもいいのではと思います。)

注目してもらいたいのは、節の位置というのは、振幅そのものは0ですが、進行波と反射波がぶつかりあって、互いに押し合ったり、逆に引っ張り合ったりしている場所だということです。振幅そのものはないので、音は消えるんですが、圧力変動は最大の場所ということになります。

圧力の変動をグラフ化すると、やっぱり波の形になるはずですから、音波ではなく圧力波とここでは呼ぶことにしますが、定在波の節や共鳴管の節の部分は、圧力波では腹の部分となります。逆に定在波や共鳴管の腹の部分は、圧力波では節ということになります。

※長岡鉄男氏の共鳴管の説明の図で、音波の腹・節ではなく、圧力波の腹・節になっているものもありました。おっと、余談でした。

音波と圧力波の関係は、落下運動に置ける、位置エネルギーと運動エネルギーの関係に似ていると私は感じました。

ユニットは箱の1面に付けますから、ユニットの位置は壁面と考えても問題なさそうに思えます。つまり、ユニットの位置では、音波の節になります。そこでは、ユニットの動きとは、反射してぶつかる音波はちょうど逆向きに振動することになります。勿論定在波の周波数をユニットが出した場合です。ユニット振動板が箱内部に入るように動いた時は、定在波の圧力は、ユニット振動板を押し出すように働くはずです。

つまり、結論として何が言いたいかというと、定在波はユニットに対して背圧として働くのではないかということです。そして、箱内部の定在波があまりにすざましいものになっていたら、定在波の周波数帯で、ユニットの振動が抑制されるのではないかという、私の予想です。

ユニットに背圧がかかると、ユニットのインピーダンスが変化しますから、裸の状態でのインピーダンスと、箱に入れたときのインピーダンスを測定すれば、背圧の大小が判るのではないかとも感じます。インピーダンスの変化がそれほどでもなければ、背圧の影響はそれほどでもないということになります。

まあ、個人的な予想では、箱がかなり小さくならないと、目立ったインピーダンスの変化は見いだせないのではないかとも感じますが、ユニット前面から出る高域が悪くなる可能性は捨てきれないので、エンクロージャーの定在波対策は行わないよりは行ったほうが良いというのが私の今のところの考えです。

※ちょっとだけ補足すると、音波には向きがありますが、圧力はあらゆる方向に、面に垂直に働きますから、ユニットに面していない面で起こる定在波もユニットに影響するのではないかと考えています。

※私の妄想という可能性もありますから、信用しすぎないでください。

忠臣蔵の季節だな。

少し時間が経ってしまいましたが、・・・・・・。

Stereo誌スピーカーコンテスト表彰式の次の日、川崎方面にいる親戚宅に行ったのですが、気を使わせてしまい、川崎方面の観光に連れて行ってもらいました。

忠臣蔵の季節だな。
まずは泉岳寺。赤穂浪士たちの墓があるお寺です。

忠臣蔵の季節だな。
泉岳寺の入り口。

忠臣蔵の季節だな。
大石内蔵助代々のお墓のようです。代表になるかわからないけど一つだけ。

忠臣蔵の季節だな。
次は場所を変えて、五百羅漢のお寺へ。残念ながら五百羅漢は撮影禁止。

忠臣蔵の季節だな。
五百羅漢のお寺の資料館にあった資料。浅野内匠頭も奉納しています。

忠臣蔵の季節だな。
近くには蛸薬師もあります。
どうやら、蛸は『多幸』のシャレみたいですね。

忠臣蔵の季節だな。
近くでタコステーキを売り物にしているお店があることから、蛸が本尊ではなさそう。
ヒンズー教だったら、聖なる動物である牛は絶対に食べないから。

---------

日本人はなんで忠臣蔵が大好きなんだろうと疑問に思うことがあります。
殿中で刀を抜いた浅野内匠頭は、当時の法律違反ですから、切腹・お家断絶は当然のことです。

忠臣蔵の人気は歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』から始まっていると思うんですが、『仮名手本』というのは、・・・・・、
『いろはにほへと』のことのようです。そして、7文字ごとにいろは文字を抜き出してみると、『咎無くて死す』と読めるそうで、『仮名手本忠臣蔵』は、忠臣蔵で切腹した四十七士の切腹は行き過ぎと感じていたようです。そして、そこには幕府に対する不満が現れているのかもしれません。

赤穂藩は塩で有名なところです。しかし、幕府は海の浅瀬をどんどん埋め立てていって、江戸を大都市にしていきました。そのためか、赤穂藩では塩は取れなくなっていきます。塩は別の浜で幕府直轄となったんじゃなかったかな。(←ちょっとあやふやですが) そういう赤穂藩への幕府の扱いを見ると、幕府は赤穂藩を潰したかったんじゃないかとも思えてきます。

泉岳寺の墓を見ると、十代で切腹した志士もいます。武士を捨てれば切腹しなくてもいいんでしょうが、藩がなくなれば、武士は職場が無くなります。どうしても武士にこだわれば、最後は切腹しかなくなるんだろうなとも思ったりしました。

八切止夫氏は、腹切は自殺ではなく、命をかけた抗議だ、というようなことを何処かで読みましたが、そのようなところもありそうですね。

・・・・・・・・・

でも、なんで日本人は、忠臣蔵が好きなんだろう。

ちょっと悔しいので、ネットで購入

Stereo誌スピーカーコンテスト授賞式で紹介されていた山下伶さんのUHQCD、ネットで購入できることが判り、注文しました。

ついでに、美空ひばりがジャズナンバーを歌っているCDも買ったんですが、おそらくこれはNHKか何かのアーカイブ音源からのCD化だったようなきがするので、UHQCDで聞く価値があるのか無いのかわからないものも注文してしまった。

ついでに、ステップス・アヘッドのデビュー当時の人気作、『パラドクス』『ステップ・バイ・ステップ』『スモーキン・イン・ピット』も予約してしまったんだけど、この中にはLPからCD化したために、針飛びの音が含まれていた物があったような気がする。ここいら辺も買う価値があるんだろうかわからないけど注文してしまいました。

ついでにいうと、我が家の貧乏オーディオ装置、違いを出してくれるのかな?

2017年Stereo誌スピーカーコンテスト

2017年Stereo誌スピーカーコンテストからようやく帰ってきました。

結構他の人のブログ等で紹介されているようですから、ごく個人的な感想などを。

--------
2017年Stereo誌スピーカーコンテスト
このウェーブという作品ですが、つい、「この厚みの板でこの曲線どうやって作ったんだろう」と独り言を言ったら、すぐそばに製作者がいて教えてくれました。神村さん、ありがとうございました。ヒントは積層。後はパテ。知りたい人は神村さんに連絡を取りましょう。おっと、私も神村さんの連絡場所を知らないぞ。しまった。

2017年Stereo誌スピーカーコンテスト
特別ゲストの山下伶さん。クロマチックハーモニカ奏者です。本来のハーモニカというのは、適当に吹いたり吸ったりすると和音(ハーモニー)を出すことが出来る楽器なのでハーモニカと名づけられたんだそうですが、クロマチックハーモニカというのは別の考え方で作られた楽器のようです。
ハーモニカはド・ミ・ソと一つ飛ばしのリードが同じ向きで、例えば息を吹き込んだとき、その3つを同時に鳴らすことが出来ます。その隣はリードの向きが逆抜きなので、息を吸い込んだときレ・ファ・ラの音を同時に鳴らすことが出来ます。本来ハーモニカは大きく咥えて、息を吹き込んだりすったりして和音を出すものなのです。
クロマチックと言うのは半音階のことのようです。レバーを動かすことで、半音階ずらすことができるそうで、すべての調の音楽が演奏可能のようです。

マイクも使っているのは、すべての人に音が聞こえるようにという、プロとしての配慮だと思います。

天井の高い体育館でウクレレというそれほど音量のない楽器を演奏したことがありますが、自分の出した音が殆ど聞こえなくて困った経験があります。高い天井に拡散したのか、聴衆の服などに吸われたのかはわからないんですが、たしかに音量が減少しました。

ハーモニカは、リードが震えて音をだすわけですが、ハーモニカの大きさでは共鳴で音を大きくすることは無理です。それに対して、材質は違うけれども、同じくリードを震わせて音を出すサクソフォンでは、ラッパ部分で共鳴するので十分大きな音を出すことが出来るでしょう。そんな楽器でもマイクをくっつけて演奏することがありますが、すべてのお客に音を伝えるという観客に対する配慮なんだろうと感じます。私はPAの音は生音でないから嫌だなんてはいいません。音が小さすぎて聴衆に伝わらないことよりはずっといいと思います。

2次審査通過者のスピーカーの音の紹介の休憩時間に購入しに行ったらもう売り切れ。私は残念ながらCDは入手できませんでした。

これはおそらく通常のCD。音楽之友社で売っていたのは高音質のUHQCD。ちょっと残念。


ニュースエブリーで流れている曲が入っているそうです。

この後、懇親会だったんですが、応募もしないで参加したため遠慮が出たのか、それとも、疲れが出たのか、あまり話さないでいたので、帰りに大沢さんにちょっと心配させてしまった感じでちょっと反省。

どういう流れでこの話になったのかは書けませんが、ある人が私の名で応募したら、何かの賞になったかなとか言われたんですが、それは流石に・・・・・・・。バレちゃうでしょ。毎回1次予選不通過の人が急に傑作を作ったら。まあ、それで賞をもらっても嬉しくないだろうしね。

ただ、音楽之友社は一次審査の結果の通知を通過者だけに出しているのは不親切だという話題も出ました。就活の結果が合格者のみの場合を考えてみてほしい。いつ合格通知が来るかと思い、次の就活に移れない。ですから、不合格通知であっても出すべきでしょう。私が発案したわけではないんですが、賛同する人は、音楽之友社にメール等でお願いしてみたらどうでしょう?

阿倍さん、もう自分で参加するかなと思ったんで連絡もしなかったんですがごめんなさいね。たまにはkenbeさんを含めた自作愛好家に会いにオフ会に来てほしいものだと個人的に感じてます。

何はともあれ日常とは違った楽しいひと時ありがとうございました。

2017年Stereo誌スピーカーコンテスト
この記事を書いているうちに日付が変わってしまいました。昨日18日の朝帰宅したんですが、車の上に15cmほど雪が積もってました。まだそれほど固まってないので、おそらく18日になってから積もった雪だと思います。

ウクレレタブ譜づくり

ギタープロ6というタブ譜作成ソフトを手に入れたので、自分用のウクレレタブ譜を時々作成しています。

一人で弾いて様になるのはアンサンブルのパートではなく、ソロ・ウクレレ用に作られた方です。

ウクレレサークルの方ではウクレレベースを弾いていますが、ベース単体ではあまり面白みがありません。ですからたまにソロウクレレ用タブ譜を作ったりしています。

元ネタは、オカリナ用楽譜を公開している、おとタマとか言うサイトの楽譜。伴奏は一部和音がありますが、和音を出せないオカリナなので、メロディは単音です。それに部分的に和音をくっつけてソロウクレレ用にしているわけです。

最近できたものが、小椋佳作詞作曲、美空ひばり歌の『愛燦燦』。

ウクレレ・サークルでは、たまに介護施設に慰問に行ったりします。そういう場所ではやっぱり演歌かなと思います。それに、NHK-BSプレミアムで日曜日放送している『男の操』(もっとも、放送日後でネットの無料動画でみているのだが)の影響で、演歌もいいなと感じたから演歌のタブ譜を作ったりしているわけです。

でも、この曲はかなりイントロで苦労しました。なぜかは譜面を見てもらうとすぐわかると思います。

ウクレレタブ譜づくり
ピアノは音域が広い。ギタープロは5線譜の方で音符の位置をクリックすると、タブ譜の候補を出してくれます。最初それでやってみたら、20フレットを越してしまいました。そこまでのフレットはウクレレでは無理。でも、いきなり1オクターブ下げてもとても不自然。ということで、ハーモニクスの音を調べてみたら、和音の構成音の一部がハーモニクスで出せることがわかりました。その結果がこのイントロです。

プロは難なく弾くことが出来ると思いますが、私の行っているウクレレサークルで(この譜面の前段階のものでアンサンブル用の大作)を見せたら結構渋い顔に。でもあまりに苦労したので、ちょっとだけ見せてみることにしました。

ちなみに私は、ピアノのアルペジオのところの3連符の連続のところがどうしてももたついてしまいます。
12フレットでのハーモニクスは結構音量が出ていますが、5フレットのハーモニクスがどうも音量が小さくなる感じで、この譜面ちょっと無理なのかなと言う気も感じます。

残りはどうなっているんだという人がいるかもしれませんが、間違っているところもあるかもしれないし、著作権法違反に問われそうなので、出しません。

Stereo誌コンテスト表彰式なんとか出発します。

まだ年末年始の厳しい時期ではなかったため、バイトも休みがもらえ、出発することにしました。2日目は、いとこ宅に行く用事ができたので、1泊することにしましたが、宿の予約もできました。一応出発できそうです。

プロフィール

kaneya

Author:kaneya
もっぱら、プァ・オーディオを追求・試行錯誤してます。
真似してもいいけど、その場合は自己責任でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
785位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
2014年5月19日カウント開始